みぶろぐ


2015年6月 台湾再々訪 2日目  

2日目の朝です。
この日は烏来観光の予定です。

ツアーガイドがホテルに迎えに来ます。
勝手知ったる食堂で、早々に朝食を済ませました。

待っている間に、近くのコンビニなどをチエック。

その後ホテルのロビーで待っていると、迎えが到着しました。

ラッキーなことに新車のVWワゴンです。
予定では
まず鳥来(ウーライ)観光と食事

その後九份観光とお茶休憩、そして市内の

人気レストラン鼎泰豊(ディンタイフォン)で点心、

また士林夜市の散策です。+自由ガイドと言うツアーです

バンは台北市南部の山間にある鳥来温泉郷に向かいます。

有名な温泉地でアルカリ泉で。川にも温泉が沸いています。

結構気になる温泉地なのです。烏来はタイヤル族の居住地で、
それから台湾随一の落差(
80m)を誇る滝があり

珍しい軽便鉄道も走っています。

バンは山坂道をぶっ飛ばします。遅い車はぶち抜きます。

台湾は皆こんな感じで、運の悪い人は危ないですね。
シートベルトは必須です。

1時間程で滝の見える展望台に到着、

巨大な酋長の像と記念撮影を取りました。

滝が川向こうなので、飛沫とか無いので残念でした。

ちょっと階段や坂道を登り、レストランに入り昼食タイム。

貸切で御座いました。メニューは原住民食?で御座います

猪肉炒め、川蝦の空揚げ、豚肉入りのスープ、野菜炒め、炒飯

スイカなどです。猪は硬かったですが、全体に美味しく戴けました。レストランからは滝が正面に望めます。

食事が終わると、同じ建物内のシアターに移動します、

開演までに、売店でお茶を飲んで休憩、
気に入った茶碗があったので

つい購入、1500TWDと結構な値段でした。

さてシアターですが立派な設備で大型のモニタには日本語字幕も。

夫婦で貸切状態です、タレントのほうが多いです。

このシアターではタイヤル族の歴史や婚礼などを歌や踊りで表現。

演出も良く中々楽しめました、最後に観客の参加がありますが

貸しきり状態なので、白羽の矢は直撃です。

此方の嫁入りは背負子に乗って輿入れするんですが

私には嫁を担ぐのは到底無理ですが、若いお兄さんは

ヨイショと担いで舞台を歩き回りました。
シャンシャンと舞台が終わり

記念撮影もあり劇場を後に移動します。

次のイベントは軽便鉄道乗車ですが、
採掘用に日本が作ったものを利用しています

幅が1m位で14人乗りで3両連結とかです。可愛すぎます。

道路に沿って走りますが精々30km位で走行しましたが

ダダ揺れでスピード感がありスリル満点で、非常に楽しめました。

烏来老街の駅を降りると、スタバに似た看板のCafeがあります

それを横目に橋を渡ります、
橋の下では温泉に浸かっている人がちらほら、

熱くなると、川に入っています、勿論 裸禁止なんで
スッポンポンは居ません。

古い温泉街をガイド氏とテクテク歩きます。水着とかビーサンを売っていたり

色んなキノコや花を売っていたり、食堂や、日帰り温泉入浴、酒屋などを眺めながら

メインロータリーで車を待ちます、目の前にはファミマやホテルが並んでいます。

程なくして回送してきたバンが到着し、次のイベント九份に向かいます。

3度目の九份は自由散策で無くガイド付きで御座います。

なつかしの映画館に入り、お茶でマッタリします

今回は阿妹茶楼では無く九度茶語に入りました。

勿論、茶芸のレクチャーが御座います。

茶菓子は異なります、芋園、二色豆、椎茸で御座いましたが

椎茸には大嵌りしてしまい売店で購入(一寸高いかな)。

ツアー案内では前回のパイナップルケーキ教室のお店でしたが、

別の店に変更されていました。

ガイドさんに行きたい場所は無いかと言われたので

KAVALAN買いたいというと、調べてくれました

存在を知らなかったようですが、たまたま

行く予定の菓子屋の直ぐ傍に、有った様です。

台北市内に向かいました。

菓子屋は維格餅家(VIGOR KOBO)と言う老舗です。

色々買い物をして。

直ぐ近くのKAVALANSHOPに行きました

かわいいお姉さんに色々試飲させてもらい。ミニボトルを5

(木箱プレゼントあり)購入、他にも…

目当ての商品は欠品と言うことなので、
帰りに空港で買うと言うことに。
嫁にオネーさんとの記念撮影を頼んだらボケてました。

またバンに乗り移動しました。

次は食事で御座います、
台湾の
小籠包では

超有名な鼎泰豊(本店)で、京都や大阪にも支店があります。

予約済みでしたので、直ぐ2階席に案内されました。

日本人客はかなり多く、店員さんのスカートは短めです。

ホントかどうか知りませんが、高級店ほど短いらしいです

前菜が来て、空芯菜の油炒め、小籠包が来ます

シュウマイや餃子も来ます、
多すぎて残す羽目になりました。

勿体無いですが、降参。

店を出ると夕暮れ、待っていたバンに乗り最終の目的地

士林夜市に向かいます。宵の口なので人出は少なく

残念なことに超満腹の為、屋台の買い食いはせず

慈誠宮等を見て周り。ホテルに送ってもらいました



[PR]
by miburoo3 | 2016-08-28 10:41 | 旅行

<< 2015年6月 台湾再々訪 2...      2015年6月 台湾再々訪 初日 >>

壬生狼どこへいく
by miburoo3
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧