みぶろぐ


2015年6月 台湾再々訪 2日目  

2日目の朝です。
この日は烏来観光の予定です。

ツアーガイドがホテルに迎えに来ます。
勝手知ったる食堂で、早々に朝食を済ませました。

待っている間に、近くのコンビニなどをチエック。

その後ホテルのロビーで待っていると、迎えが到着しました。

ラッキーなことに新車のVWワゴンです。
予定では
まず鳥来(ウーライ)観光と食事

その後九份観光とお茶休憩、そして市内の

人気レストラン鼎泰豊(ディンタイフォン)で点心、

また士林夜市の散策です。+自由ガイドと言うツアーです

バンは台北市南部の山間にある鳥来温泉郷に向かいます。

有名な温泉地でアルカリ泉で。川にも温泉が沸いています。

結構気になる温泉地なのです。烏来はタイヤル族の居住地で、
それから台湾随一の落差(
80m)を誇る滝があり

珍しい軽便鉄道も走っています。

バンは山坂道をぶっ飛ばします。遅い車はぶち抜きます。

台湾は皆こんな感じで、運の悪い人は危ないですね。
シートベルトは必須です。

1時間程で滝の見える展望台に到着、

巨大な酋長の像と記念撮影を取りました。

滝が川向こうなので、飛沫とか無いので残念でした。

ちょっと階段や坂道を登り、レストランに入り昼食タイム。

貸切で御座いました。メニューは原住民食?で御座います

猪肉炒め、川蝦の空揚げ、豚肉入りのスープ、野菜炒め、炒飯

スイカなどです。猪は硬かったですが、全体に美味しく戴けました。レストランからは滝が正面に望めます。

食事が終わると、同じ建物内のシアターに移動します、

開演までに、売店でお茶を飲んで休憩、
気に入った茶碗があったので

つい購入、1500TWDと結構な値段でした。

さてシアターですが立派な設備で大型のモニタには日本語字幕も。

夫婦で貸切状態です、タレントのほうが多いです。

このシアターではタイヤル族の歴史や婚礼などを歌や踊りで表現。

演出も良く中々楽しめました、最後に観客の参加がありますが

貸しきり状態なので、白羽の矢は直撃です。

此方の嫁入りは背負子に乗って輿入れするんですが

私には嫁を担ぐのは到底無理ですが、若いお兄さんは

ヨイショと担いで舞台を歩き回りました。
シャンシャンと舞台が終わり

記念撮影もあり劇場を後に移動します。

次のイベントは軽便鉄道乗車ですが、
採掘用に日本が作ったものを利用しています

幅が1m位で14人乗りで3両連結とかです。可愛すぎます。

道路に沿って走りますが精々30km位で走行しましたが

ダダ揺れでスピード感がありスリル満点で、非常に楽しめました。

烏来老街の駅を降りると、スタバに似た看板のCafeがあります

それを横目に橋を渡ります、
橋の下では温泉に浸かっている人がちらほら、

熱くなると、川に入っています、勿論 裸禁止なんで
スッポンポンは居ません。

古い温泉街をガイド氏とテクテク歩きます。水着とかビーサンを売っていたり

色んなキノコや花を売っていたり、食堂や、日帰り温泉入浴、酒屋などを眺めながら

メインロータリーで車を待ちます、目の前にはファミマやホテルが並んでいます。

程なくして回送してきたバンが到着し、次のイベント九份に向かいます。

3度目の九份は自由散策で無くガイド付きで御座います。

なつかしの映画館に入り、お茶でマッタリします

今回は阿妹茶楼では無く九度茶語に入りました。

勿論、茶芸のレクチャーが御座います。

茶菓子は異なります、芋園、二色豆、椎茸で御座いましたが

椎茸には大嵌りしてしまい売店で購入(一寸高いかな)。

ツアー案内では前回のパイナップルケーキ教室のお店でしたが、

別の店に変更されていました。

ガイドさんに行きたい場所は無いかと言われたので

KAVALAN買いたいというと、調べてくれました

存在を知らなかったようですが、たまたま

行く予定の菓子屋の直ぐ傍に、有った様です。

台北市内に向かいました。

菓子屋は維格餅家(VIGOR KOBO)と言う老舗です。

色々買い物をして。

直ぐ近くのKAVALANSHOPに行きました

かわいいお姉さんに色々試飲させてもらい。ミニボトルを5

(木箱プレゼントあり)購入、他にも…

目当ての商品は欠品と言うことなので、
帰りに空港で買うと言うことに。
嫁にオネーさんとの記念撮影を頼んだらボケてました。

またバンに乗り移動しました。

次は食事で御座います、
台湾の
小籠包では

超有名な鼎泰豊(本店)で、京都や大阪にも支店があります。

予約済みでしたので、直ぐ2階席に案内されました。

日本人客はかなり多く、店員さんのスカートは短めです。

ホントかどうか知りませんが、高級店ほど短いらしいです

前菜が来て、空芯菜の油炒め、小籠包が来ます

シュウマイや餃子も来ます、
多すぎて残す羽目になりました。

勿体無いですが、降参。

店を出ると夕暮れ、待っていたバンに乗り最終の目的地

士林夜市に向かいます。宵の口なので人出は少なく

残念なことに超満腹の為、屋台の買い食いはせず

慈誠宮等を見て周り。ホテルに送ってもらいました



[PR]
# by miburoo3 | 2016-08-28 10:41 | 旅行


2015年6月 台湾再々訪 初日

b0337330_09320606.jpg
行天宮総門 (中央部は昇段禁止です)
乗ると警備に怒られます(ました...

b0337330_09315658.jpg
         林茂森茶行は左手の建物(人の居る所)

b0337330_09314869.jpg
                龍山寺門前
b0337330_09313845.jpg
           西門に一番近い 家楽福(桂林店)

台湾も3度目となりました。前回から6ヶ月経たない2015年の6月に

行くことになりました、今回は3泊4日です。

フライトは1度目2度目と同じ中華航空CI159便、関空までは

変りません、今回のホテルは温泉地ではなく

台北の西門町近くにあるツアー向けホテルです。

このホテルは1度目のツアーで1泊しました。

名前は伊楽園(パラダイス)ホテルと言います。

今回の目的はお茶を買う、台湾ウイスキーの購入

温泉地の偵察ツアー(ウーライ)、台湾の超有名景勝地である

タロコ渓谷へのツアーです。

ホテルと飛行機はDeNAツアーで手配

ウーライとタロコ渓谷はベルトラにて別途手配。

ウーライは可也迷っていたので出発直前で、台湾に着てから
スケジュールの受け取りとなりました。

さて初日6月9日定刻に離陸した

中華航空CI159便は晴天の台湾に無事到着しました。

SIMとイージ-カードのチャージをして

バスで台北駅、MRTで西門駅まで行き

伊楽園ホテルにチエックインを済ましました。

一服して
まず有名な行天宮に向かいました。龍山寺とは異なる立派な

お寺です。此方では道服を着たボランティアさんが、
大きな線香で参詣者の
お払いをしています、
沢山の人が並んでおりました。

外で記念撮影しようと、総門の階段に上がったら

警備員から怒られました…
神様や偉い人のの通り道だそうで…

オネーチャンが上がっていたんで、
真似したら見つかったようです。

結構バツの悪い思いをしました。

その後、気を取り直して龍山寺に参詣

タクシーを拾い、お茶の老舗である卸屋さんに行こうとしたら

場所がわからんそうで…

スマフォで場所を説明、料金は170TWDでした。

向かった先は林茂森茶行と言います。

日本語もバリバリ通じます、店内には大きな缶があり

奥にはシンク付きカウンターが有り

高いお茶も試飲可能です。販売単位は600gが基準ですが

1/4150gから購入可能でした。ちゃんと真空包装もしてくれます。

茶器なども置かれています。

なんだかんだで2500TWDほど消費しました。

嫁はポリカ製のボトルを購入しました。

気に入って二度購入した、阿妹茶楼のジャスミン茶は、

とんでもない値段でしたので、(20g300TWD

ランクは兎も角、香りの良いものを購入。

結構お買い得な金額でした。
ちなみに此方は隣の林華泰茶行とは
一澤帆布のようなことになっています。
先代の味や人員は林茂森茶行が継承しています。

購入したお茶を持ってホテルに帰りました。

次なる目標は台湾ウイスキーです。ブランド名は
KAVALNといいます

亜熱帯に有る唯一の醸造所であり、創業して10年も経たないのに

世界チャンピオンを出してしまったと言う、
とんでもないブランドです。

このブランドは原住種族名を使っており、経営母体の本業は

MRブラウンと言う台湾で有名な喫茶店を経営し
珈琲などを造っている
会社です、
調べた所、
MRブラウンのお店にKAVALNウイスキーが

あるということでした。

西門町にホテルを決めた理由のひとつは、
近くにあるカルフール(家楽福)桂林店の一階に

MRブラウンがあるということで、
家楽福探訪と一石二鳥を狙いました。

持参したエコバッグを持ってホテルからテクテク歩きました。

家楽福の看板とMRブラウンを発見!、入店します

店内を見回すと、商品は目的の物ではなく
購入の意欲がわきません…

虫養いにベーグルと飲み物セットを購入…適当に頼んだら
ちょっと微妙なお味でした。ベーグル自体は問題なく
鋏んでいた物が…

足を休ませた後、二階の家楽福へ向かいます。

洋酒の棚には、KAVALANだけが欠品中でした。
みやげ物を買いました。台湾のチョコレートは
中々いいです。
暗くなってきたので夕食の為に上階の食堂街に移動しました。

この店のエスカレーターはゴム製の斜路になっています。

カートで移動する為ですが、メチャ乗りにくいです、
床が斜めで足元が定まりにくくボヨンボヨンします。

なんだかんだで着いた、フードコートは賑わっています、

火鍋とか日本のラーメンとかのお店は人で一杯でした。

並ばずに入れた中華料理屋さんに入店

何種類か注文しましたが、春巻きとか餃子などは個数が書いてありました、店員さんが日本語わからなかったので、適当に頼んだら

1個がメチャ大きい…味は結構美味しかったんですが、

全部の料理を残す羽目になりました 。ああ勿体無い。

荷物を下げて家楽福を後にテクテク歩いて

ホテルに到着、風呂に入り就寝しました。




[PR]
# by miburoo3 | 2016-08-28 09:59 | 旅行


2015年 1月 台湾再訪 3日目

b0337330_00164226.jpg
士林の ケーキ屋さん 85℃ 
b0337330_00152343.jpg
郭元益 本社です
b0337330_00154816.jpg
小学生の校外学習です
b0337330_00155326.jpg
粉からコネコネして 型に入れた夫婦の作品
b0337330_00161733.jpg
自分で包装中です
b0337330_00160268.jpg
なぜか「まるこ」一家の居る博物館の展示品
b0337330_00160966.jpg
博物館展示品 結婚の引き出物や荷物です
b0337330_00162464.jpg
台北駅にあるケーキ屋さん
 
b0337330_00163191.jpg
台北駅構内と言うか地上部分

最終日になりました。

予定はパイナップルケーキの製作です、パイナップルケーキは

台湾ではどこにでもあるメジャーなお菓子で。

無数に売られています。

老舗のお菓子屋さんで教室をやっていると言うことを知り

日本からメールで予約していました、

代行業者でも可能でしたが
高かったんで、

担当者の方とやり取りして、スケジュールを組みました。

郭元益食品股有限公司の本店です、士林地区にあります。

菓子手作り体験予約(糖果手工製作的經驗預訂)って奴です。

担当の人は賴文杰 企画室長さん(日本語会話可能です)

朝食の後、新北投周辺を散策したあと、

ホテルをチエックアウトして

MRTに乗り士林駅からガラゴロと歩きますと10分ほどで

郭元益本社に到着しました。

到着が早すぎたので近くのカフェショップ85℃という

ケーキ屋さんで

イートインしました。

私は黒森林と言うダークフォース満載なケーキを

嫁はチーズスフレです、ドリンクも購入…600cc入りで

飲みきれませんでした。

約束の時間が近づいたので、EVで受付に向かいます。

ちょっとまってねと言われ、WCと手洗いを済ませると

何やら賑やかになってきました、実は小学校の校外学習で子供たちが

お菓子を作っています。割とかわいい子が多く、やんちゃな子も…

皆熱心にお菓子を作っています、クッキー(餅)のようでした

その横で我々もケーキを作ります、ほぼマンツーマンです。

粉と卵から練り練りしてアルミの型に押し込みます

餡は小さくして丸めて入れます。

日本製(フジマック)のオーブンに入れて焼きます、

出来るまでの間に、
この会社の博物館の案内

(ちびまるこ一家が居ました)
とお茶請けで休憩しました。

焼きあがったので自分で包装し箱詰めしました。

中々楽しく遊べました、

一階はお店(高級)になっており

御土産を購入、賴さんからもお土産をいただきました。

賴さんはラーメン好きなようで、休暇の時には大阪でラーメン巡りを

していると言っていました。

機会があったらまた来てお茶でも飲みましょうとの言葉で別れました。

帰国にはまだ少々時間があったので

MRTで台北駅に向かい駅を探訪して、昼食を取ることにしました。

台北駅はみやげ物やスイーツ、飲食店が沢山入っていました。

日本のお店も結構あります。ケーキは日本では見られない

ピザのようにハーフ&ハーフとかでも売られていました。

フードコートで台湾麺などの定食を食べましたが、見事外しまし

激マズとは言いませんが…忘れたいレベルでした。

さて国光通運のバスですが、降り場と乗り場が違ったんですが

露知らず、運転手の好意で降り場から無理やり乗せてもらいました。

(実は降り場は駅の東側、乗り場は駅の西南側でした)

空港には無事到着し、中華航空便もオンタイム近くで

関空に到着、関空はるかに間に合い

2度目の台湾旅行も無事終わりました。









[PR]
# by miburoo3 | 2016-08-21 00:29 | 旅行


2015年 1月 台湾再訪 1-2日目 追加画像

b0337330_23090723.jpg
龍山寺 お守り売り場 種類が超多いです 
b0337330_00003345.jpg
      水都温泉會舘 屋上の露天風呂 (時間外なんで人は居ません)

b0337330_23084761.jpg
龍山寺近く お巡りさんとパトスクーター
b0337330_23080890.jpg
台北捷運(MRT) 松山(ソンシャン)駅 
b0337330_23080080.jpg
屋台のケーキ屋です 日本には無いよなぁ
b0337330_23072313.jpg
台北捷運(MRT)新北投(シンペイトウ)駅
b0337330_23071306.jpg
台北捷運 北投支線用車両内 風呂桶にモニタが搭載
b0337330_23070676.jpg
士林夜市 美食街通路 前の店は牡蠣オムレツ屋さん
b0337330_23064671.jpg
士林夜市 美食街 スイーツですよ
b0337330_23064243.jpg
士林美食街 料理屋で蟹の空揚げと麦酒
b0337330_23063851.jpg
士林夜市のウンチ君(版権大丈夫かなー)


[PR]
# by miburoo3 | 2016-08-20 23:57 | 旅行


2015年 1月 台湾再訪 2日目 

b0337330_23092914.jpg
台北で有名な龍山寺
b0337330_23083981.jpg
台鉄 端芳駅 

b0337330_23083377.jpg
観光客で混雑している 十分駅

b0337330_23082601.jpg
九份の観光路 錦みたいに狭いです


b0337330_23081900.jpg
日暮れの九份 提灯がともりました。

b0337330_23081388.jpg
松山(ソンシャン)慈斉宮、左手が夜市入り口です

2日目です、ホテルから見える公園では体操をおじさんたちがやっています。

ワンコも散歩していました。

朝ごはんはバイキングでしたが、宿泊客が少なく貸切に近い状態です。

洋台メニューでしたが品数は少なめ。お味は好みの分かれるといった感じです。

まあ一応ですが食べられました。

朝食も終わり、ホテルを出ます、

目的は
龍山寺です、台北では最強のパワースポットだそうです

新北投からMRTに乗り、西門(シーメン)駅に向かいます。

西門は台湾の原宿、渋谷などと呼ばれる所です。

日本時代から映画の街と知られていました

40分ほどで駅に到着し出口を出ると、寺の正面南側に有る公園に出ます。

公園を横切るとキンキラキンの門があります。門を入ると右手には滝があります

人口ですが、良い雰囲気です、観光客が記念撮影しています。

中は余り広くないものの参詣客は多く、

広場にはネットの無い卓球台が沢山並べられていて、

お供えが置かれています。我々も参詣します。台湾での拝みごとは、

日本と違い願い事だけではいけません。

それだと誰の願いか神様はわからないので、

住所氏名年齢や電話番号も唱えます。さてお土産?ですが

お守りは無数と言っても良いほどの種類が置かれていいます。

番号と値段が書かれているので、レジで注文すると出してくれます。

商品は昔の薬種問屋にあるような箪笥から出てきました。

寺門を出ると数名お巡りさんが居ました、

パトカーならぬパトスクーターが止められていました。

日本では白バイ以外は普通のスクーターですが、

此方は白黒ツートン車体にパトライトやスピーカーも搭載しています。

MRT 龍山寺駅に向かう途中でお菓子屋さんによりました。

幾つか買い物をしたのですが、インパクトの強いものが…

覚えているのはそれだけです。如何なのかと言うと

濃い桃色の餅ですが、セメダイン臭が強烈に...味は普通でした。

MRT西門駅で日本では見かけないものを発見、

女子公衆WCの入り口に電光板があります

どの個室が使われているかを表示しています、親切やなって感じです。

有名な観光地のや十分に行く為、台北駅にいきました

そして台鉄(台湾鉄道)の切符を購入、

目的地は新北市の端芳(ルイファン)駅です。

台鉄はMRTと違い、電光板も無くアナウンスも少ないので、油断していると

乗り越します、ヒヤヒヤしながらでしたが到着しました。

構内で
平渓線に乗り換えます、この支線は

炭鉱開発のために日本が敷設しました。江ノ電と提携したりしており、

台湾の保津峡なんて呼ぶ人も居るようです。

一日乗車券があるのでそれを買いました。

目的地の十分に向かいます、此処は紙製の熱気球に願いを書いて、

線路上から飛ばすので
有名な所です、

駅は観光客で満杯でした。駅を出ると線路の左右に商店街があります

カラフルな各国語の天灯が沢山上げられていました。

ウロウロと探訪したあと、端芳に戻ります。

宮崎アニメでブレークした
は駅からタクシーかバスで向かいますが、

楽チンなタクシーで行きました。

ちなみにバス亭が旅行本の場所から変更されており、

駅前でキョロキョロしていると、買い物籠(懐かしい)を持った

お婆さんがバス停あっちやでと教えてくれました。

タクシー
料金は協定で決まっています。ボル奴も居るらしいですが

程無くして到着しました、前回と同じとことですが

軽便路を使わず観光路に入ります、2-3m位の道は観光客で一杯です

商品を眺めていると時間が経つのを忘れます、怪しさ爆裂してますけど

どういうわけか、美味しそうなシュークリーム屋さんが…いただきました。

一通り見て周り、買い物をして、二度目の阿妹茶楼に入ります。

前回同様のお茶セットでマッタリします。

お菓子は買いませんでしたけど

前回に購入したジャスミンティ(超高い)を再購入しました。 

お茶を飲んでいると、時間がゆっくり過ぎて行き、日が暮れてきます。

薄暗くなってくると、提灯やイルミネーションが点いてきます。

中々幻想的な風景です。観光客が減って広くなった道を下り

タクシーで端芳に向かい、台鉄に乗り台北方面に向かいます

帰りは台北ではなく松山(ソンシャン)駅で下りました。

士林と並んで台北2大夜市といわれる饒河街夜市に行く為です。

台鉄松山駅から歩いて直ぐの所にこじゃれたMRT松山駅があり

その先にライトアップされて金色にか輝く寺院が見えました。

松山慈斉宮です。その横に饒河街(ラオへー)夜市があります。

腹も空いていたので、入り口傍の武大郎の胡椒餅を購入、熱々を食べました。

外はカリッとしていて中身も美味かったです。

それから日本発祥のたまごやきを購入(50-60TWD)です

それから屋台でケーキを山盛り売っていました、

フルーツ飴も売ってましたが日本の屋台とはスケールが違いました。

長い串に沢山刺さっています。

さて此処で嫁が暴走開始しました、市に面する薬店めぐりを始めて

食事を忘れてウロウロ、空腹だったんでブチ切れました。

と言うことで早足でMRTに乗りホテルに帰着、ホテルの隣(中)に有る

ラーメン屋で食事を取ろうとした所、厨師が帰ってしまって

何も無し…卵焼きとかお菓子、麦酒での夕食になりました。

後でわかったんですが、このラーメン屋は不味いらしいと…

良かったんだか悪かったんだか、

そんなこんなで2日目は終わりました。

 

 





[PR]
# by miburoo3 | 2016-08-20 23:37 | 旅行

    

壬生狼どこへいく
by miburoo3
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
秋の夜長は酒がある
at 2017-09-23 20:22
2017年7月 訪台9度目 ..
at 2017-08-05 14:52
2017年7月 訪台9度目 ..
at 2017-08-05 13:18
2017年7月 訪台9度目 ..
at 2017-08-05 12:42
2017年7月 訪台9度目 ..
at 2017-08-03 21:26
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧